川崎市宮前区少年野球チーム 花の台フラワーズ

活動方針

  • HOME »
  • 活動方針

フラワーズのチーム作り

1. 基本方針 ~明るく元気で、野球が大好きな子供たちに!

☆ 野球を通してスポーツの楽しさ、素晴らしさを体験させる。
☆ 明るく仲間に対する思いやりの心を持った子供に。
☆ 集団活動の中での秩序・規範を理解し遵守できるようにする。

 

2. 指導方針 ~主役は子供!

子供も大人も、元気を出して野球を楽しむ。
・練習中は試合中とも常に元気良く、大きな声を出すようにする。
・子供たちの「野球がうまくなりたい」「試合に勝ちたい」という気持ちを全面的に引き出す雰囲気作り、環境作りを心掛ける。
・練習は、なるべく子供達の集中力、興味が持続する内容に。楽しみながら野球の技術が向上できるよう監督・コーチ陣が工夫。

子供の将来を考え、より長期的視野に立った指導を心掛ける。
・子供の能力を現時点で限定しない。将来の芽を摘んでしまうことのないように心掛ける。
・子供に夢と自信を持たせ、常に積極的なプレーを指導する。「打席ではホームランを、守備ではファインプレーを」

チームワークの大事さを理解させる。
・仲間を思いやり、みんなで励ましあう気持ちを育てる。
・野球は「ミスをしても良いスポーツ」であり「カバーし合うスポーツ」「みんなで助け合うスポーツ」であることを理解させる。
・チームみんなが、仲間と自分を信じるとともに、最後まで諦めない気持ちを共有する。

基本的な生活態度を徹底する。
・大きな声で挨拶・返事を。
・目上の人の話をしっかり聞く。
・キビキビとした行動を。
・親、監督・コーチに対する感謝の気持ちを。
・道具を大事にする。

家族の行事等を優先、決して野球馬鹿、野球漬けにはしない。
・まだ小学生、他にもやるべきことは多いはず。

 

3. 練習における留意事項 ~将来を見据えた無理のない練習を!

子供の体力、発育段階に合わせた練習を行う。
・低学年は”神経(動作)”に重点を。・高学年では、心肺機能の強化も。

怪我の防止に努め、決して無理をさせない。
・投球の後は、(球数にもよるが)アイシングを徹底する。
・怪我をした場合の応急処置について、コーチ陣が正しい理解を。

ひとつひとつの練習は目的を明確にして、効率良く行なう。
・将来のことを考えれば、あとは自主的な練習や、自由かつ色々な遊びの中で自然に運動神経等を鍛えた方が良い。

 

4.心・技・体のバランスが取れたトレーニングの実施

メンタル面の強化トレーニングを導入する
・自分が目指すべき目標を明確にし、練習日誌をつけることでやる気を高める。
・リラクセーションにより、セルフコントロール能力を高める。
・最高のPlay等をイメージしたイメージトレーニングの実施。
・ルーティンによる集中力の強化
・ポジティブシンキングにより、強気、前向き、積極的な考え方ができるようにする。
・気持ちを切り替える為のセルフトークトレーニング
・試合に勝つための徹底した準備、リスクに対する考え方の強化
・より良いコミュニケーション作りとチームワークの向上

  • facebook
  • twitter
PAGETOP