昨日、宮前区の防犯大会最終日でした。

今回は3試合を一挙書く為少々長めとなりますよー

防犯大会とは、、宮前区の少年達にとって重要な大会なんですねー。

この大会の上位3チームに県大会出場

『リスト杯・東京新聞杯・専修大学杯』のいずれか一つに行けちゃうわけなんです。

但し、先日の『ジャビットカップ宮前区大会』の優勝チームが3位以内に入賞しても上記の県大会へは行けません。と言う事で簡単に言うと我が花フラは県大会には行けないんであります。涙

そういう訳でこの大会は3大会連続決勝進出と2大会連続優勝を目標に掲げておりました

あとユウヤの文化での柵越え本塁打も。

 

先々週の準々決勝は強敵レッパさん。

エースのI君の球威とコントロールは宮前でもトップクラスでしょう!そこに加えて抜群の守備陣ですので簡単に勝てる相手では無い、案の定投手戦となり五回終了まで1対1。

6回表に花フラ3点取ればその裏にレッパさんは2点奪われるがその後は守り抜き、苦しく戦いを制しました!

そして、昨日の準決勝のお相手は今季初対戦で春も一緒に市大会に行った強豪モンタさんです。恐らく、子ども会も反対ブロックで秋季もシード権の関係から序盤戦では対戦は無いハズです

試合前シートノック始まる10分前に二日酔いのノッカーが現れ何とかセーフ?!

(正確には間に合った?間に合わせていただいたんです。ホリさん、カジさんウルトラサンクスです!)

まぁ、それは余談として。

初回チャンス作るも主軸で点取れず、裏にワンナウト三塁のピンチをゼロで抑える。あれ?今日も投手戦?なんて思ったのは束の間

二回表に中軸により3点先制、三回に4点追加、四回にも1点ダメ押しの計8点

守っては、三回からタイチがマウンドに上がり打者12人をヒット1本に抑え失点0と期待に応え、8対0と完勝!!

決勝進出!!

エースのユウヤを2イニングに温存出来ました。

え?何故温存??と。思われた方もいらっしゃいますが、それは、ルールの上で1人の投手は1日に7イニングしか投げてはいけないとあり、準決勝と決勝を戦う4チームは2試合行うので首脳陣は投手起用方に1番悩まされるのです、、まぁ、そこが面白いんですけどねっ!

さてさて、3位決定戦中にフラワーズは昼食休憩をして決勝戦への気持ちを高める為に散歩のお時間を設けているんですが、ここで事件発生!!

・マサト(ショウマ弟2歳?)母を求め号泣事件

・ヨシト(4年生)号泣事件

・シュンタ母 スマホ失踪事件

と、まぁ大事な決勝前に騒がしい一塁側上段のみどり色のチーム。グランドで試合中の皆様、お騒がせして申し訳ございませんでしたm(_ _)m

 

さて、3決も終わり今年の定位置文化三塁側ベンチへと移動   決勝のプレイボール。

お相手はここまで1勝1敗宿敵サンダースさんです 春にリベンジしてますが今回はエースのR君は投げれません。そう、準決で7回投げ抜いたのです。

しかし、左のエースY君もコントロール抜群で4回までフラワーズは0000と完璧に抑えられてました。左に弱い訳では無いんですがしっかりと丁寧に外角にコントロールされてたのと良い当たりが飛んでも守備正面に飛ぶ、相手チームは花フラの守備のミスをモノにして着々と点数を重ね気がつけば5点差

そんな流れを掴みきれないまま終盤へ。

5回表、いつもならこのまま負けモードに入る花フラですが、最近は粘り強くなり心折れも少なくなった選手達は まだまだ諦めてません。ツーアウトランナー無しの場面から怒涛攻撃

打って、打って、打って、打って、見て、打って!

勝ちたい気持ちから産まれた連打で同点に追いついたのです!!いや〜本当に興奮しました!

試合は5対5の同点のまま最終回の攻撃、ウチは上位からの打順で点数取れず裏のサンダースも4番からでいきなりあわやホームラン?!な打球、最終回裏なんでこのランナーがホームインで後はありません。その後なんだかんだでツーアウト満塁です。勿論打たれても四球でもバッテリーエラーでも終わりなんです、

最終回裏ツーアウト満塁スリーボールツーストライク、、、三塁ランナーがゆっくりホームイン、、

 

正直、ナイスピッチでした!結果はどうであれ正々堂々と真っ向勝負したエースに感謝です。

また一つ大きくなった事と思ってます

春・準優勝

ジャビット・優勝

防犯・準優勝

と、来てるので次の子ども会でリベンジして優勝旗を迎えに行きましょう!!

あーーくやしかった!!

 

まだまだ大会は有ります 一戦必勝で頑張って行きますので引き続き応援宜しくお願い致します!

閉会式

 

閉会式